記憶の海へ

――皆川燈・俳句Site
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雨の樹のほうへ 38 | main | 【書評】『詩の旅』(現代俳句協会刊)を読む >>

一句鑑賞「正月あそび」

   自畫像
賑やかな骨牌(カルタ)の裏面(うら)のさみしい繪
                    富澤赤黄男

 このカルタはトランプのことだろうか。骨牌と書かれることで玉突きやルーレットなども並ぶ酒場の暗がりが眼前する。自畫像という前書きはいわずもがなという気もする。鷹女は「羽子板の裏絵さびしや竹に月」「羽子板のつきくぼめたる裏絵かな」と詠んだ。同時代の先鋭な美意識の不思議な共振を思う。 

(『らん 76号』17.1.10)
俳句をめぐって | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする