記憶の海へ

――皆川燈・俳句Site
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 伝言〜短歌もどきの試験管をゆさぶって〜 | main | 漣すぎるものたちへの挽歌                 ――岡田一実第一句集『小鳥』を読む >>

雨の樹のほうへ 39

俤のまた吹きすさぶ芍薬忌 (『雨の樹』)

 私自身は忌日季語を織り込んだ俳句をつくったことあまりないが、忌日が季語として歳時記に取り込まれたのはいつごろからなのだろうか。島田牙城氏は「週刊俳句」(2013.12.1)に寄せた「『忌』とは何か」で、忌日が季語として定着していったのは、子規の死後、虚子らその仲間たちが毎年、命日に子規を偲ぶ句を詠みつぎ「子規忌」という季語が生まれたことが発端ではないかと述べている。当初は直接面識のある敬愛する人の忌日で句を詠むことだっただろうが、それはやがて芭蕉忌や鬼貫忌、太宰忌のように、過去の文学者を偲ぶよすがとして句に取り込まれるようになっていったのだろう。芭蕉忌を時雨忌、太宰忌を桜桃忌というように、別名を持つ忌日もある。亡くなった季節の季語が付与されたネーミングは、色濃くその日を印象づける。
 「忌」という言葉を俳句でどう生かすかだが、あらかじめ歳時記に収められた忌日季語とは別に、自身の俳句の中でどうしても詠みたい死者、あるいは出来事を自身で悼み、また思い返し、再び思いを新たにする縁として忌を創造すればいいのはないだろうか。
 そのいい例が掲句ではないかと思う。「芍薬忌」は歳時記には載っていない。実は他日、月犬氏から掲句の「芍薬忌」は誰の句か知っているかと聞かれて口ごもってしまった。そのときまで漠然と「芍薬」という花自身の忌と思っていたのだ。しかし俤である。芍薬である。これは、径子に縁のある美しい女性の忌にちがいない。
 思い当たる俳人の忌日を調べてみた。中尾壽美子が亡くなったのは一〇月だから対象外。三橋鷹女の命日は四月七日、多佳子の命日は五月二九日。季語の芍薬は初夏に分類されているが、四月では早すぎる。華やかなイメージからも多佳子にちがいない。多佳子は不死男や三鬼ともに誓子の「天狼」を支えた中心メンバーである。径子は昭和二四年、姉、阿喜の夫である不死男の「氷海」創刊を契機に俳句を始める。全句集の自筆年譜によれば、昭和二六年の項に「名古屋の『天狼』三周年記念大会に出席。会場で加藤かけい先生、帰りの車中で永田耕衣、西東三鬼の両先生と同席したのも何かの機縁であろう。同夜、橋本多佳子先生邸に一泊、橋本美代子さん、津田清子さんを交えての歓談忘れ難い」と記されている。昭和二六年、径子四十歳、多佳子五二歳。「また吹きすさぶ」に出会いと歳月への哀惜がにじむ。

(『らん 77号』17.4.10) 
雨の樹のほうへ | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする