記憶の海へ

――皆川燈・俳句Site
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 漣すぎるものたちへの挽歌                 ――岡田一実第一句集『小鳥』を読む | main | わたくし >>

一句鑑賞「菜の花」

余生とは菜の花に手の届くなり
         中尾壽美子

 余生や晩年、老いという言葉を俳句に持ち込むのはあまり好きではないが、掲句によっていかなる言葉も詩に昇華できることを教えられる。こう書かれると、菜の花はある年代にさしかからないと手にすることのできないはるかな彼岸に灯るあかりのように思われてくる。さまざまな植物を身辺に引き寄せて壽美子は変身を重ねていった。「はればれと水のむ吾れは芹の類」「充分に老いて蓬に変身す」「長生やある時間以後揚羽蝶」…老いていく時間のかくもみずみずしいことに驚くばかり。


(『らん 77号』17.4.10)
俳句をめぐって | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする