記憶の海へ

――皆川燈・俳句Site
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新井薬師の骨董市 | main | 【句集評】巣という迷宮――増田まさみ第五句集『遊絲』を読む >>

百花繚らん【選評】

●稲瀬白子
白藤の我を忘れている母よ
丁寧に冗談言って苧環の花
認知症ともいう花馬酔木咲く
健忘のいとたくましき豆の花
※俳句の素晴らしさは何と言っても短さにある。多くを語らないからこそ、万感の想いが伝わってくる。「白藤」も「苧環の花」も「花馬酔木」も「豆の花」もこのように母であったことがあっただろうか。

●稲冨昭
雷鳥の落石ひゞく長き尾根
花影の石疊踏むさりながら
※「雷鳥の落石」は雷鳥が飛び立つときに崖の小石が転げ落ちたということだろうか。雪渓に木霊する落石の音が耳を離れない。二句め、「さりながら」に、「露の世は露の世ながら……」の一句が木霊のように重なる。立山や上高地の初夏のすがすがしさのあとから寂しさがやって来る。

●海上直士
菖蒲草訪ねて来たのは須佐之男か
ボクシングまねしてみせる父の病
※俳句は詩である。まずは季語や五七五と格闘してほしい。「菖蒲草」の一句は、季語が神話の主人公にリアリティを与えて愉しい。二句めにも、「父の病」が立ち上がる季語がほしい。

●桔梗たかお
芹くらき水を流してひと澄めリ
藪枯し空を摑みてから墓へ
はつなつの風や恋風躱しゆく
※一句め、「芹」の根を洗い流れる水を「くらき」ととらえ、芹が人間の穢れを身代わりになってくれたと見たと読んだ。「藪枯らし」も「初夏の風」も「ひと」の変身態として感受すると、面白い。俳句ならではのマジックである。

●柴田獨鬼
花の翳幽かな風の異界より
この国の螺旋階段夏隣
香水や壜の底より忘れ物
※異界より吹きつける「幽かな風」と「花の翳」を配した繊細さに共感した。「この国の螺旋階段」という把握も意表をついている。香水の壜の底にある忘れ物、何だろう。気になる。

●関根順子
うららかやゴディバの箱のリボン解く
「猫町」は路地奥にある冬のまち
花曇り詩人になれそうなんとなく
※「うららかや」という季語に「ゴディバの箱のリボン」はユニーク。「詩人になれそう」という感慨が「なんとなく」とはぐらかされるのも愉快。俳句ならではの奇襲をさらに。

●所薫子
飛鳥路を友と語りてスニーカー
青空にエゴノキ咲きてクマン蜂
※「飛鳥路を」の句、スニーカーのかわりに季語を工夫すれば、友との旅がくっきりと浮かび上がってくるのでは。「青空にエゴノキ咲きて」は面白い表現だが、「えごの花」という季語を使えば「咲きて」は不要。その分でさらにいろいろなことが言えそうでもある。

●丸田和子
花すぎの雨のしづけさ戻りけり
一枚のハンカチの花捨てかねて
春の夜の夫の骨壺けぶりたる
夏蝶に行きも帰りもさようなら
※俳句に詩を盛り込むことをよろこびとしている方と思う。「花すぎの雨」と「しづけさ」の取り合わせがみずみずしい。二句め、「捨てかねて」が効いている。「骨壺けぶりたる」には圧倒された。次回作が愉しみだ。

(『らん 78号』17.7.10)
俳句をめぐって | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする