記憶の海へ

――皆川燈・俳句Site
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 百花繚らん【選評】 | main | リ リ >>

【句集評】巣という迷宮――増田まさみ第五句集『遊絲』を読む

 句集をひらくと、巻頭の一句からたちまち未知の言葉宇宙が立ち上がってくる。一句一句が暗黒の宇宙空間にぽっかりと浮いた天体のように謎めいて存在している。増田まさみの句集は、いつでもそんな驚きと感動を私にもたらしてくれる。最近観た映画『メッセージ』では、未来予知能力のある言語学者が時間の流れを逆流させるかのような脳内トリップ(?)によって、異星人との意志疎通の鍵を見つけていく。
 増田まさみの俳句は遠い未来からの伝言のようでもあり、太古からの消息のようでもあり、異星人との対話のようにスリリングである。解読のきっかけをつくるのは記憶の古層に埋められている化石かもしれないが、それが実はこれからやってくる未来かもしれないという逆転を秘めている。

  かげろうや太古を奔るわが屍
  あめつちや罪か罰かと亀鳴いて
  紅梅や先祖返りの舟いでゆく

 いちおう、季語が第一のキーワードということになるだろう。「かげろう」は時空をワープする通路だ。だから太古へたちまちに降り立てるし、未来の私が屍となって走ることもありだ。
 次の句はちょっとむずかしい。実際の亀は鳴かないのに「亀鳴く」という季語自体、シュール。で、鳴かないはずの亀が「罪か罰か」と鳴いているのは、「あめつち」つまり世界の有り様自体への疑義のざわめきなんだろうな。
「紅梅」は妖しい。色も香も悩ましい。紅梅の辺りにはいつも小暗さがたちこめている。「先祖返り」は、辞書によると「生物が進化の過程で失った形質が、子孫において突然現れること」だそうだ。この舟は、お椀の舟に箸の櫂で決まり。死者に向かう旅はミクロの決死圏への出発なのだ……。
 このように読むことも許されるだろうという融通無碍な懐の深さが、増田まさみの俳句を魅力に満ちた迷宮にしている。
 迷宮と言えば、こんな句がある。

  老鶯や巣は迷宮と言い添えて   まさみ

 「老鶯」は必ずしも老いた鶯と考えなくてもいいとはいえ、世界を差配する老いた魔女のようなイメージを喚起する。この句はぜひとも隣に鷹女の、

  老鶯や泪たまれば啼きにけり   鷹女

の一句を置いて、じっくり味わいたい。鷹女の句は晩年のやるせなさがにじむ。「啼きにけり」が激しくも切ない一句だ。いっぽう、まさみの句は、「巣は迷宮」と謎めいた伝言を残して飛び去った老鶯が幻視される。からっぽな鳥の巣のふんわりと風をはらんだような軽やかさも伝わってくる。
 句集に分け入るにつれて、少しずつ謎が解けていく。

  誰も去(い)ぬ天上へ巣を返すため
  淡雪や巣藁に潜むおとうとよ
  晩秋の鳥籠のまま翔びゆけり
  鳥籠に数羽のわれや山ねむる

 なるほど、巣は森の奥に残されたわけではなかったのだ。あなたも私も使徒、老鶯に導かれて、いずれ巣という迷宮を天上へ返すために旅立つ存在だ。この迷宮は淡雪をかぶり弟を匿ってやさしい。巣という迷宮には地上ですごした時間が丹念に織り込まれているだろう。鳥籠は梢にかかる巣への憧れを秘めた哀しい、もう一つの迷宮だろう。
 さて、本句集は〈機/紊侶蝓咫勠供\罎侶蝓咫勠掘”の穴〉に章わけされ、帯文には「〈穴〉は再生のシノニムである」と記されている。

  緑陰や穴には穴を充たしけり  
  人体の穴は灯りか萩かるかや
  蝉穴も火口もさみし歯を磨く
  からっぽの柩なれかし冬北斗  

 穴は土の匂いがする。蝉穴も火口もさみしいが、口腔もさみしい穴だ。そのさみしさは命そのもののさみしさ。穴の暗がりは産道のほの暗さだ。巣は魂の入れものとなって山野を飛び、穴は地にあって命をかもす。だから柩はいつもからっぽなのだ。
 表紙画は川柳作家墨作二郎氏の手になる。また、集中には畏友六車明峰氏のまさみ句をしたためた「書」、山中ゆきよし氏の詩が収められていて、増田まさみを愛する人々の思いが伝わってくる。

(『らん 78号』17.7.10)
俳句をめぐって | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする